ゲーム産業の時代の流れは早い。今求められているものは

現代の目の肥えた若者を飽きさせないゲームの開発に燃えるセガ

「セガの最近の急激な伸びは家庭用ゲーム機だけでなく、本来の土俵であった業務用ゲーム機の好調さにあると思う。最近のゲームセンターブームがそれに一層拍車をかけている。その点が、スーファミ一本の任天堂とは決定的に違う点だろう」確かに中山社長はセガの指揮をはじめてから一貫して研究開発力と多角経営の二本の柱にすることを表明し続けてきた。

中山としては業務用ゲーム機が不振でも家庭用ゲーム機でそれを補い、家庭用ゲーム機が落ち込んでも本来の業務用で頑張るという体制を作ることでリスクを分散させ、両者にある意味で失敗を恐れずにのびのびと事業を展開させようとしたのだ。うまくゆく時は何もかもうまくゆくものだが、セガも家庭用ゲーム機事業である程度感触がつかめてくると同時に業務用にもヒット作が続々と出てくる状況が生まれた。最初のヒット作となったのがハングオンというオートバイレースのゲームである。

これは最近流行の体感ゲームのはしりのようなゲームで、プレーヤーは本物そっくりに作られたオートバイに跨がって前の画面を見ながらオートバイを操り順位を競うというものである。カープを左に曲がるとオートバイも左に傾き、アクセルを噴かすとエキゾーストノイズが出るという本物指向が受けて、一時期は順番待ちをする行列ができるほど人気が出、85年の発売の年に日経新聞での「年間優秀製品賞」を受賞している。その後もこの体感ゲームがセガの主流となり、空中戦ゲームのアフターバーナー、ドライブゲームのアウトランなど次々とヒット作をゲームセンターに送り込んでいった。
介護の激務のほんの少しの休み時間にあるソーシャルゲームをやってます。パズドラ魔法石が欲しいので、私の安月給からなんとか捻出して課金をしたいです。レアガチャが魅力的なのです。


セガではこの報道に口を濁しているが、もしW.-ndoWsでさらに意気の上がるマイクロソフトと組むことでセガはゲーム機以上のものを「サターン」で狙っているのでは、と業界を賑わせた。この提携がもし報道通り実現すればこの見方は的を射たもので、「サターン」にさらに興味が湧いてくる。

このように、ゲーム機そのものよりも現状ではその周辺に話題が集まっている感のする「サターン」だが、対応ソフトの面でもソフトメーカーと提携し、現在40本の「サターン」用ソフトの開発が進められ、発売と同時に10本のソフトが出るという。ゲームは3D画面を使ったシューティングゲームやレースゲーム、さらに滑らかな動きを持った格闘技ゲーム、さらに実戦により近づけた感じで再現できるサッカーやバスケットボールなどのスポーツゲームが主体になるだろうといわれている。

新着情報
2013/09/17 注目記事を更新しました。
2013/09/13 新着記事を更新しました。
2013/09/12 サターンの登場を更新しました。
2013/09/09 ゲーム宅配システムを更新しました。
2013/09/07 飽きさせない工夫を更新しました。
2013/09/05 セガの快進撃を更新しました。
2013/09/04 現代の目の肥えた若者を飽きさせないゲームの開発に燃えるセガを更新しました。
2013/09/01 ホームページをリニューアルしました。

ピックアップ
オンラインゲーム総合サイトデーモンハンティング 『PRIDE OF SOUL -舞翔伝-』
オンラインゲームが簡単に探せます!面白い情報が満載!レビューやランキングもあります。”その悪魔、狩るしかねぇ!”過去に遡り魔王の復活を阻止せよ!GboxII採用迫力の3D,多人数リアルタイムバトル新たな力「双剣」開放!150人の武将、1,000超のクエストでお手軽派~やりこみ派まで楽しめます